サンドウィッチマン、気候変動に立ち向かう高校生たちに感動!「大人が反省する番組になりました」

記録的猛暑、そして各地での山火事や干ばつ、洪水、土砂災害などが相次ぎますます深刻化している「気候変動」。
この切実なテーマに向き合い、テレビ朝日の全報道情報番組や幅広いジャンルの番組が独自の角度からさまざまな企画や特集を届けてきた集中企画「未来をここからプロジェクト×SDGs」――。

9月18日から始まった同企画が本日9月24日(土)、最終日を迎えることに。

 

この一大企画のラストとなるのは、世界や日本の未来を変えるかもしれない“若きミライクリエイター”を紹介するスペシャル番組『発進!ミライクリエイター』の第5弾だ。

 

今回は、「気候変動に立ち向かう高校生スペシャル」。

 

スタジオにはMCのサンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)、現在SDGsについて勉強中で「気温が上昇していくのは見過ごせない」と問題意識を高めている長濱ねる、若者との気候変動に関する活動も多い国立環境研究所の江守正多氏(東京大学未来ビジョン研究センター教授)が集結。
日本の気候変動対策を主導する高校生ミライクリエイターたちと真摯に向き合い、さまざまな対話を積み重ねながら、日本と地球の新たな未来を模索していく。

 

記事全文と写真はこちら

 

引用元:テレ朝POST

 

予告動画も配信中