トップクリエイターに聞いた!どうやって撮ってるの? MVの舞台裏

〈インタビュー〉  小浜元(こはま はじめ)さん

 

プロデューサー。音楽&エンターテインメント専門チャンネル『MTV JAPAN』の映像セレクションP.I.C.S.とともに独立。MVのほかCM、LIVE収録、映画など幅広くプロデュースする。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
断られても諦めない!
〝ダメ〞の回避を考える

 

 これまでにプロデュースしたミュージックビデオ(以下、MV)は400本以上という小浜元さん。多様なシチュエーションで撮影を行なってきたが、「僕はロケが好きなんです」と言う。
「ロケって、ヒリヒリするというか。ロケ地や周りの人たちの協力、集中力、天候……。すべてが重なって、全員の力が集結しないといい画が撮れない。だから、達成感がすごいんです」
 ただし、そこには責任も。ロケの受け入れ先から「以前のロケでトラブルになったので、って断られることもあって」と小浜さん。そんな中で、希望通りのロケ地を確保するためには「一度断られても諦めないこと」だと言う。

 

「ダメな理由を聞き出すんです。例えば、大人数で来られても困るとか、大きい機材は持ち込めないとか。それを避けられるように考えて。粘るんですよ」

 

〈ロケーションジャパン4月号より一部抜粋。続きは本誌でお楽しみください。〉

 

引用元:ロケーションジャパン公式サイト

 

欅坂46時代に手掛けた作品はこちら

サイレントマジョリティー
世界には愛しかない
大人は信じてくれない
エキセントリック
月曜日の朝、スカートを切られた
Student Dance
Nobody
W-KEYAKIZAKAの詩